モーターショーに行ってみないと知り得ない、深〜い世界があったりします。

たとえば、大量生産をせず、一台ずつ手づくりでつくりあげる「カロッツェリア」コーナー。
オーナーのオーダーや手がけた職人のセンスによって、同じ車種でも1台1台デザインが異なり、優美なワンオフモデルや、エアロダイナミクスに優れたスポーツモデル、未来的なコンセプトカーなど、個性豊かな姿かたちが楽しめます。

また、「部品」や「機械器具」の展示では、F1カーがコンマ1秒でも速く走るためにホイールの強度や薄さを1mm以下の単位で検証を重ねたりといった具合に、技術と情熱のプレゼンテーションを目の当たりにすることでしょう。